【チャットレディー】WEBカメラで自分をキレイに見せるテクニック


チャットレディーにとっては、『カメラ写りが命』と言っても過言ではありません。

カメラ映えするテクニックをご紹介します。

ポイント① 照明を使う

WEBカメラの光り加減はとても重要なポイントです。
映像が薄暗いだけで、男性に悪い印象を与えてしまうことも。
部屋の電気は一番明るくして、電気スタンドなどを使って、ピンポイントに照明を当てるようにしましょう。
照明は白の蛍光灯を使うと、お肌がキレイに写ります。
また、顔の下に白い紙や布を置くことで、光を反射させ顔がより明るくキレイに写ります。

ポイント② カメラの設定を調整する

自分の部屋の環境に合わせてWEBカメラ自体の設定を調節しましょう。
部屋の照明の明るさに合わせて、カメラのコントラストや明るさの設定値を調整して一番キレイに写るようにしておきましょう。

ポイント③ 上目遣い

写真やプリクラと一緒で、上目遣いをするとカワイさがUPします。
しかも小顔効果もあるのです。
常に上目遣いで映るように、WEBカメラを少しだけ上に取り付けるようにしましょう。

逆に下にWEBカメラを設置すると、上から見下ろすように映ってしまい、相手に不快感を与えてしまうこともあるので注意しましょう。

ポイント④ 映像の背景

WEBカメラに映る背景は白がベストです。
男性は非現実的な世界を求めてライブチャットを利用されているので、食事をした後や脱ぎ散らかした服などがカメラに映ってしまうとすぐに現実に引き戻されてしまいます。
このように部屋が汚いチャットレディーは男性に不評で、人気が出ません。

ポイント⑤ メイクはキチンと

女性としてメイクはキリンとしなくてはいけません。
ノーメイクだと、ライトで眉毛やまつ毛で白飛びしてしまったり、ぼやけて映ってしまったりする可能性があります。
カメラ映えを意識するなら、マスカラやアイラインを巧みに使って『おめめパッチリメイク』をするようにしましょう。

★WEBカメラテクニック【服装編】

服装やコスプレで男性にインパクトを与えたり、たまにお色気たっぷりの格好をしてみたり、いろいろなバリエーションを用意しておきましょう。

ノンアダルトでも、スカートをはいたり、胸を強調した服装にしたりすると、男性ウケが良くなります。

また、季節や行事に合わせた服装をしてみるのもいいですね。
お正月には着物、夏には浴衣、クリスマスにはサンタさんなど、かわいらしさを伝える意味で男性の興味を引き付けることができます。

服装には徹底的にこだわってみましょう。


Copyright 2010 チャットレディのお仕事ガイド All Rights Reserved.